フォト
無料ブログはココログ
2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー「ベランダ」の記事

2016年4月18日 (月)

春がきました。

久々にアゲハの話です。


昨秋3頭のナミアゲハが越冬蛹になったのですが、4月16日土曜日、それらが揃って羽化が近い姿になりました。殻が透けて、クリーム色と黒の羽模様が浮かんできます。


お昼頃、1頭目が出てきました。


1460987118958.jpg


越冬蛹はやはり小ぶりで可愛らしい。冬を越えて無事チョウの姿になる様子は、何度見ても感慨深いものです。


そうこうしているうちに15時頃、2頭目。

1460987116049.jpg

出たばかりは羽がまだシワシワのまま。少しずつはばたきながら羽の隅々を伸ばします。ちなみにこの木はミカンで、若葉とともに蕾がたくさんついています。昨年はキンカンがけっこう結実したんですが、間引きして個数減らして熟するの待ってて、でも気が付いたらみな鳥に持ってかれてました(^_^;) 彼らも生きるために必死なのです。


さて残りの3頭目。羽化しないまま日が暮れてしまいました。こうなると翌日に持ち越し。


が、17日はあいにくのチョー悪天候。台風並の雨風の中、それでも朝に羽化する3頭目ちゃん。

1460987117580.jpg

風の強さに翻弄されながらも、いつの間にか飛び立ってってました。


今年のアゲハの、第一世代です。どこかでパートナーを見つけて、世代つないでいけますようにー。

2015年5月29日 (金)

自然の掟。

そんなわけで、4匹が青虫になりました。

1432905377482.jpg

身体、柔らかいです。

1432905397287.jpg

1432905420872.jpg

むくむく育ち、そのうち3匹の蛹化を確認しました。1匹は、蛹化する移動の際に見失いました。個体差もありますが、移動距離の大きい子は木から落ちて壁や植木鉢に落ち着いたりするので、どこかにいると思ってます。↓写真は前蛹になる場所を定めたところです。

1432905442839.jpg

しばらくは羽化待ちだねーなんてしてたら、昨日、蛹の1匹が(多分)鳥に食われてました(ノД`) 枝に下半身の殻だけ残り、中は空洞ながら黄色と黒の羽が出来かけた跡。


うーん切ない。


しかし、鳥も生きるためには食わねばならぬのです。雀か、烏か、鵯か。鳥も元気で生き抜けよ。


2015年5月 4日 (月)

早速。

冬越しがみんな旅立ってって「もう朝にサナギの様子確認しなくてもいいのねーちょと寂しいねー」なんて言いつつ水まきに出たら、もう次世代が来てました(・∀・)。

1430738549137.jpg

葉の裏に卵。黄色い、1mmくらいの球です。

1430738550733.jpg

4mmくらいの幼虫。

1430738552058.jpg

3mmくらいの幼虫と、卵。

1430738553517.jpg

もいっこ、卵。隣の黒いのは関係ない羽虫ちゃん。


うーん、一気に来たな(笑)。


アゲハの卵100個のうち成虫まで育つのは1個にも満たない、0.5~0.6個程度だそうです。今年はあまり手をかけず、自然に任せてみようかと思ってます。

2015年5月 2日 (土)

完遂。

いつ羽化するかなーと待っていたクロアゲハちゃん、今朝見たら既に脱出してました。

1430569216032.jpg

植木鉢の返しの裏という難しい場所で蛹化したため、足場としてネット張っといて良かったです。しかし写真の撮りにくい位置(^_^;)。

1430569217605.jpg

深い黒に紅の斑紋が本当に艶っぽく美しいです。晴天の日差しの中、無事飛んでいきました。


これで冬越し4頭、みな旅立って行きました。ここ一週間ほどは気温が上がり天気も良いため、外を歩いているとチョウやハチやいろいろ、虫たちが飛び交っています。冬越しの個体が繁殖し、春夏の第一世代の時期になったのかなあと眺めています。良い季節ですね。


いや実は……冬越しは4頭かと思いきや。昨日ベランダの掃除すべく植木鉢をどかしたところ、陰にナミアゲハを見つけたのです。羽化して数時間、羽が乾いたくらいの個体でした。

1430569219170.jpg

最終齢の幼虫から蛹化するときには、居心地のいい場所を求めてかなり移動するので、見失うこともままあります。そんな個体が無事羽化してくれたなら何より。


うちの近くに世が世ならお殿様だったおうちの豪邸があるのですが、塀越しに立派な柑橘の木が見えて、アゲハ来放題だなぁとちょと羨ましい。お手伝いさんになって潜入して、「今度来たお女中はなんだってミカンの木にご執心だね?」と奥様に言われたい。


我が家のベランダにもささやかながら植えておくのでまた来てねアゲハ。

2015年4月20日 (月)

うかうかしてたら。

1429501218671.jpg

アゲハ3号、4月19日羽化してました。

1429501239741.jpg

17日の時点で↑ここまで透けてたのでぼちぼちかと思ってたんですけど、気が付いたら脱出完了。ただこの日も天気が悪かったので、一晩とどまって今朝飛んでいきました。冬を越して出てきた個体は小さめだし、気候的にも寒暖差があったり雨が多かったりで厳しい環境の中を旅立っていきますね。


これで残るはクロアゲハのサナギのみ。植木鉢の返しの裏という難しい場所で蛹化しましたが、さていつ出てくるか?

1429501254748.jpg

2015年4月 6日 (月)

アゲハ旅立つ。

春が来てようやくリアルタイムの虫ネタを書けます!昨日(4月5日)の朝、サナギが黒くなってるのを見つけました。

1428312220760.jpg

羽の模様も透けて見える状態。これは間もなく羽化するのではないかと思い、室内に鉢を入れました。他の1体も内部でだいぶ蝶化(?)しているようです。

1428312223495.jpg

見守っていると、出てきました。もぞもぞ。

1428312224735.jpg

羽はまだシワシワ。

1428312226120.jpg

1時間ほどで羽が伸びたので、外に出しました。

1428312228472.jpg

しかし、この日はあいにくの雨で気温も12、3度と寒い日。なかなか飛び立とうとしません。いろいろ調べてみますと、コンディションの悪い日は半日から1日くらい待機することもあるようなので、そのままに。一晩明けて晴れた今日の朝飛んでいきました。


昨日うっすら蝶化してた2頭目は、今朝さらにはっきりと模様が見えました。

1428312227111.jpg

室内に入れて様子見るもなかなか出て来ない。午前中に羽化するのが大半なのに、出て来たのはそろそろ14時になろうかという頃。

1428312229839.jpg

背中側から。

1428312231446.jpg

お腹側から。

1428312232745.jpg

晴れて暖かいとやはりコンディションがいいのでしょう、この子はあっという間に去っていきました(笑)。そもそも蛹化にしろ羽化にしろ、気温と陽の長さの両方が関わってくるようなので、「暖かい日が続いてたのに急に寒くなった」昨日みたいな日に羽化が当たってしまうとちょっと気の毒。明日からも冷えるらしいし、とにかく無事お相手を見つけて繁殖してくれればなと思います。


そして冬越しのサナギが羽化したということは、もう少ししたら次の世代が現れてくる季節。木のお手入れして、お待ちしております。

2015年3月31日 (火)

新顔。

書き逃げブログなので前記事にコメントいただいたの半月気付いてませんでしたすみませんすみません( ;∀;) ありがとうございました。


さてこの前散歩していたら、軒先に「ご自由にお持ち下さい」の紙と苗のポットを並べたお宅がありました。見たら「観賞用イチゴ」とのこと。ありがたーく一ついただいて、プランターに植えてみました。

1427784263959.jpg

ちょうど春ということでオルトランだのハイポネックスだのブドウ酢虫除けだの買っておいたので、それも動員。もっとも観賞用とはいえ食べられないこともないらしいので、花が咲いたらちょっとお手入れを考えねば。


イチゴとブドウ酢といえば、2パック350円の小粒不揃いイチゴを買って帰って、さてジャム煮るかと支度したらレモンがない。なくてもジャムにはなるけど味が締まらない。で、ふとバルサミコ酢ならブドウ酢だし、デザートにも使うから合うかもーと試してみたところ、むしろレモン汁よりこくがあって美味しくなりました。冬にリンゴジャム作るときにも試してみよう。


だいぶ暖かくなり日も延びたけど、サナギはまだサナギです。いつ羽化するんだろう?


2015年3月13日 (金)

趣味的。

沈丁花香る季節となりました(我が家にはありませんが)。新芽が出つつあります。

1426218751811.jpg

アジサイ。ずっと青い花だったのが、肥料を変えたら昨年はピンクが咲きました。今年は何色だろう。

1426218753372.jpg

アゲハを育ててくれたミカンの木も、ちびっちゃく新芽の気配がありました。ちなみにサナギ4匹はまだサナギ。


さてポチってた古本が届きました。

1426218754664.jpg

四国にある古本屋さんで、内外の手芸本や絵本などを専門に扱ってらっしゃるお店です。梱包が美しく心配りがありがたい。

1426218755888.jpg

いずれも昭和29年の編み物の本。奥のは復刻版ですが。モダンでイカしたデザインが満載です。

1426218756983.jpg

1426218758133.jpg

編み方の呼び名も趣深い。

1426218759313.jpg

1426218760452.jpg

現代とは糸の太さの呼び名、編み針の号数規格が違います。そして全体的にサイズが小さく、男女ともにこの寸法だと今のSかSSサイズだなーという感じ。実際に編んでみるかは別として、こういう本は見ているだけで面白いのです。

2015年2月 6日 (金)

センリョウその後/うえきばち。

挿し木を試みてから約1ヶ月。こんなんなりました。

1423205806742.jpg

真ん中の鉢は残念ながら根付かなかった模様。奥のはまだ枝が緑で、葉もパリッとしてます。軽く引っ張ると抵抗感があるので、このまま育って欲しいものです。枝だけの鉢は……見た目では分からず。いずれにしても暖かくなって葉なり芽なり出たらいいな。


植物絡みで、最近読んで面白かった菌根菌のお話→JAXAのサイトです。このページの右の方にある、「植物に対する土壌の役割」という教材。PDF書類です。そういえば以前『もやしもん』でも菌根菌読んだような。かもすぞー。

2015年1月23日 (金)

センリョウ/うえきばち。

去る1月3日、とある庭園のお正月イベントに行きました。散策したり羽根つきしたりしてたのですが、閉園の30分ほど前、係員の方から「イベント終わりになりますので会場の生花をご希望の方に差し上げます」とのお知らせが。

1422001723225.jpg

センリョウとマツを竹筒にいけたおめでたい取り合わせ。ありがたくいただきました。運ぶときの写真しか残ってなくてアレですが…。


数日飾り、そのまま捨ててしまうのも忍びないので調べたところ、センリョウは挿し木出来る模様。植木鉢に赤玉土、腐葉土を重ねて挿し、本来は春に行う作業のようなので室内に置きました。それから20日近く経ちました今日の様子がこれ。

1422001731736.jpg

どうなんだろう……枯れてはいないようだけど根づくのか?ちなみに実の一部は種として別のところに埋め、マツは接ぎ木じゃないと無理っぽいので感謝しつつさよならしました。竹筒は干してあります。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー